0120-101-158

交通事故の保険金を増額する方法~決め手は3つの基準

交通事故にあったとき、たいていの場合は相手側の保険会社とのやり取りになります。保険会社とのやり取りに不安がある方、支払われる保険金の相場がどのくらいなのか気になる方もたくさんいらっしゃいます。

そこで、交通事故の保険金の支払い基準と支払いまでの流れを解説します。

交通事故の保険金には3つの基準がある

交通事故の保険金の支払いには以下の3つの基準があり、支払われる保険金はその基準によって金額が大きく異なります。

1.自賠責保険の基準
2.任意保険の基準
3.裁判所の基準(弁護士の基準)

もめごとは誰もが避けたいものです。早く解決したいがために保険会社から提示された金額をそのまま了承してしまいがちですが、保険会社が提示してくる保険金の額は適正な金額とは限りません。交渉次第で増える可能性が高いのです。

自賠責保険の基準

自賠責保険とは、車を運転する人は必ず加入しなければならない強制加入の保険です。交通事故でケガを負った被害者は自賠責保険で最低限の補償を受けることができます。

ただし、自賠責保険は最低限の補償をおこなうものであるため、3つの基準の中で一番低い保険金額になります。

自賠責保険でカバーできること

他人の生命や身体に危害を及ぼした場合

交通事故によって他人の生命や身体に危害を与えてしまった場合、一定額の損害賠償金が支払われます。

加害者が無保険で資金力がないとき

加害者が任意保険に入っておらず、また賠償責任を負う運転手に支払い能力がない場合でも、自賠責保険からは一定額の補償があります。

自賠責保険でカバーできないこと

自賠責保険は人身事故の場合のみ利用することができます。そのため、物損事故と呼ばれる、被害者にケガはないが車にキズがついてしまったという場合は自賠責保険を利用することはできません。

自賠責保険の補償金額は任意の自動車保険と比較すると低額に抑えられています。

また、自賠責保険の担当者は相手との示談交渉をおこなってくれないので、交渉は各自でおこなわなくてはなりません。

任意保険の基準

一般的に広く自動車保険といわれているのがこの任意保険です。任意保険は自賠責保険でカバーできない損害を補償するための保険。任意保険は、基本的に交通事故の損害を全額補償する(自賠責保険で補填されない損害を補償する)ことを目的とした保険のため、自賠責基準よりは保険金の額は高いです。

任意保険でカバーできること

任意保険は、交通事故でおきた人的損害だけでなく、物的損害が含まれ、自賠責保険では支払い規定のない付添介護についての費用も含まれます。

任意保険でカバーできないこと

どんな場合でも任意保険でほぼカバーできると考えていいですが、保険約款上の義務に違反した場合、任意保険を受けられないケースがあります。

裁判所の基準(弁護士の基準)

裁判所基準は弁護士基準とも呼ばれており、裁判所の過去の判例などをもとに東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているもので、多くの裁判実務において補償額の算定基準として運用されているものです。自賠責保険基準や任意保険基準と比べて高額になります。

なぜ弁護士に依頼すると支払われる損害賠償金額が増えるのか

保険会社は営利目的の企業であるため、保険の支払いを極力安く抑えたいと考えています。保険会社は交通事故被害者の見方ではありません。本来あるべき賠償金額よりもかなり低い金額を提示してくることがほとんどです。

自分側の保険会社でさえ、あてにはなりません。例えば加害者と被害者、双方の保険会社が同じ会社だった場合、保険金の額がどうなっても保険会社にとってはあまり関係がないといえます。多くの案件を抱えた保険会社の担当者は、示談の内容や損害賠償金の金額どうこうよりも、早く案件を解決したいと思っています。

不当に低い金額で合意せずに適切な損害賠償金額を請求するためには、これまでの判例や法律の知識を理解した上で示談交渉を進める必要がありますが、知識のない一般の人が示談交渉をおこなうのは不利になるのが現実です。

その点、交通事故に強い弁護士であれば経験も知識も豊富なので、保険会社に言いくるめられることなく、正当な理由をもって示談交渉を有利に進めることができます。

交通事故の保険金が支払われるまでの流れ

1.交通事故発生の連絡

今は電話やインターネットなどで24時間、交通事故の対応をおこなっている保険会社がほとんどです。保険会社によって対応は異なるので、まずは電話して相談しましょう。

2.契約内容の確認

自分が入っている保険の詳細な内容は覚えていない人がほとんどです。交通事故がおきてしまったら保険の契約内容を確認しましょう。

自分の加入する保険に弁護士特約がついていれば、自己負担なく弁護士に依頼することができます。また、自分にも過失がある場合には、自ら負担すべき損害部分については自己の加入する保険会社でカバーされるかどうかを確認する必要があります。

3.必要書類の提出と調査依頼

調査に必要な書類を出したあと、相手保険会社によって詳細な事故状況の確認処理がおこなわれます。人身事故であれば警察で詳細な実況見分調書が作成されるため、これを取り寄せることで事故状況を把握することができますが、物損事故であれば実況見分調書は作成されませんので、保険会社ができる限り道路状況や車の走行状況を調査して事故状況を認定します。

事故状況の調査は損害範囲の確定や過失割合の判断根拠となるため慎重に調べる必要があるのである程度時間を取られます。

4.示談交渉

車の損害額の確認や被害者の治療が終了した段階で、示談の打ち合わせが始まります。示談交渉の場では、前提となる事故状況、損害の有無と程度、過失割合などが交渉のポイントとなります。示談により事件を終了させる場合には、自分の主張が100%通らない場合でも、譲歩する必要もあります。

5.保険金の支払い

示談交渉が成立して合意に至ったら保険金が支払われます。

交通事故の保険金の額に納得いかない場合は弁護士の無料相談

交通事故の保険金には3つの基準があることをご説明しました。 交通事故の被害にあって、保険会社から提示された保険金が正当な額なのかどうかわからない、交通事故の示談交渉に不安や疑問があるという方は、弁護士に相談することをおすすめします。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

  • 弁護士法人琥珀法律事務所の電話番号
  • 弁護士法人琥珀法律事務所に問い合わせ

受付時間:平日10:00〜19:00 ※メールでのご相談は24時間受付ております。

page top