0120-101-158

交通事故の示談交渉で困ったときの弁護士の選び方

交通事故にあってしまい、ケガで入院したり大切な愛車が壊れたりしたら、少しでも多く慰謝料を受け取りたいと思いますよね?

しかし、保険会社に「後遺障害で身体が痛くて本当に辛い」、「どれだけ大切にしていた愛車だったか」などと熱く伝えたところで、受け取れる慰謝料はほぼ上がりません。

交通事故の示談交渉に慣れている保険会社を相手に素人が交渉するのはむずかしく、結局のところ示談交渉で慰謝料を増額するには、法律的な根拠に基づいて交渉していける弁護士に依頼するのがいちばんの得策です。

1.交通事故に強い弁護士の探し方

交通事故の被害にあって示談交渉が自身の手に負えない状況になってしまったら、頼れるのは弁護士しかいません。
しかしインターネットで弁護士を探してみると、たくさんの弁護士事務所のサイトがあり、どこを選んだらいいのか、判断がつかないかもしれません。

そこでこの記事では、交通事故にあって困ったとき、どんな視点で弁護士を選んだらいいか解説しますね。

2.交通事故を得意分野にしている弁護士を選ぼう

弁護士に法的な問題解決を依頼する場合、どの弁護士を選べばいいのかという判断基準は、依頼する案件の内容によってまったく変わります。

交通事故の示談交渉を依頼するなら、交通事故に詳しい弁護士を探しましょう。

弁護士には、それぞれ得意分野がある

弁護士の広告を見ると、「債務整理」「過払い金請求」「離婚問題」「相続問題」「交通事故」などと、専門性を謳っているものがよくあります。
そして、これらの項目の複数個を掲示して、利用者を呼び込もうとしているものもあります。

しかし、多数の弁護士を抱える弁護士事務所ならいざ知らず、個人で開設している事務所で多くの分野の専門性を謳っているものは、少し信頼性に欠けるかもしれません。

実際、一人の弁護士は、何でも受け付けることが可能で、どのような案件にも対応できるのですが、刑事事件が得意な弁護士もいますし、民事事件が専門分野である弁護士もいるのです。
その上、民事事件に関しては離婚問題が得意だったり、借金問題に強い弁護士だったり、同じ民事でも得意な分野が違います。

交通事故の示談交渉を依頼するのであれば、交通事故問題の実績がある弁護士に依頼しないと失敗します。
被害者が満足いく慰謝料額で示談成立を実現できるかどうかは弁護士の経験に基づく交渉力次第です。
道路交通法などの法律や、後遺障害認定などの医療にも詳しいこと、保険会社との交渉実績が豊富にあり、交渉力があることが求められます。

得意分野が多い弁護士はやめたほうがいい

多くの弁護士は、ホームページに自分の得意分野を前面に押し出しています。

どんなジャンルが得意な弁護士かは判断がつくようになるので便利なのですが、民事でも刑事でも、何でもできることを宣伝している弁護士には注意が必要です。
弁護士になれば、法律に関するどんな分野の依頼もすべて受けることは可能です。

しかし、大きな法律事務所で分野ごとに特化した弁護士が複数人在籍しているような場合を除き、あまり何でも引き受けると宣伝する弁護士は避けたほうがいいかもしれません。

なぜなら、法律は非常に幅広く、時代の変化によって頻繁に法改正が繰り返されているからです。

法改正にすべて対応でき、多くの分野の判例を頭に入れるのは大変なことです。

なんでもできるという弁護士より、交通事故なら交通事故に特化した知識とキャリアを持つ弁護士の方が信頼できます。

売り文句よりも、交通事故記事の内容を重視

ホームページのトップに「交通事故」「示談」「後遺障害」とうたっているからといって、すぐに依頼をするのは避けましょう。

交通事故に関する依頼を受けたことはあるかもしれませんが、ホームページへの誘導をおこなうためにトップページにこれらの文言を並べているだけの場合もあるのです。
そのほうが検索に引っかかりやすいという理由ですが、その文言よりも、ホームページに掲載されている事例や、ブログの内容をしっかりと吟味するようにしましょう。

自分の事故に類似する案件を扱い、いい結果を得られたという事例があれば、相談してみる価値はあると考えられます。

また、FacebookやTwitterでは、より弁護士本人の人間性を伺い知ることができますので、もし詳しく調べてみたいならば、確認してみるのもいいでしょう。

3.いい弁護士はリスクやデメリットもきちんと説明する

もし、依頼者にリスクがあった場合、最初にきちんと説明する弁護士がいい弁護士です。
根拠を説明せずにいいことばかりいう弁護士がいたら、避けたほうが無難。

相談する側は、理解できるまで質問して、納得がいったうえで正式に契約することが大切です。

契約したあと示談交渉はどう進むのか、もし裁判になるとしたらどうなるのか、相手側はどう出てくると予想されるのか、どんなリスクが考えられるのか、それに対してどう対策するのか、具体的な理由と一緒に説明をしてもらったほうが安心ですよね。

「話がむずかしくてよく理解できなかったけど、依頼すれば損にはならなそうだしまぁいっか」で契約してしまうのは危険です。

むずかしい法律用語を嚙み砕いて説明してくれない弁護士に依頼してしまうと問題解決までのあいだ、弁護士とのやり取りがかなりストレスになります。

「保険会社との交渉のストレスをなくすために間に入ってもらっているのに、弁護士とのやり取りで疲れてしまう・・・」これではガッカリです。

「すべてを弁護士まかせにしていたら自分の思っていた解決に至らなかった・・・」
という事態を招かないように、意思の疎通がきちんととれるかどうかも重要なポイント。

そういった意味では弁護士との相性も大切ですね。

無料で相談にのってくれる事務所に実際に相談して、話しやすいかどうか、都合の良いことも悪いこともすべて説明してくれる事務所かどうか、自分の目で確かめてから依頼する弁護士を決めましょう。

琥珀法律事務所では、相談者さまとのコミュニケーションを大切にしています。
むずかしい法律用語はなるべく使わず、親しみやすい言葉でわかりやすい説明を心掛けています。
わからないことがあれば納得いくまでご質問ください。
ご相談は無料ですので、どうぞお気軽に、フリーダイヤルかメールフォームにてお問い合わせください。

交通事故の相談は弁護士法人琥珀法律事務所

  • 弁護士法人琥珀法律事務所に電話相談
  • 弁護士法人琥珀法律事務所にメール相談

受付時間:平日10:00〜20:00 ※メールでのご相談は24時間受付けております。

page top