交通事故の慰謝料・示談金交渉の無料相談

交通事故に遭ったとき、どの弁護士に依頼しても同じと思っていませんか?

当サイトが選ばれる理由

  1. 交通事故の被害者専門 示談や慰謝料トラブルに強い事務所を掲載
  2. 事務所にすぐに相談してトラブルを解決することができます

交通事故の示談交渉に強い弁護士

交通事故の被害者になると、示談交渉のやりとりが大変です。
やりとりが大変なために、相手の保険会社から言われるがままの条件をのんでしまい、後悔する人が後を絶ちません。
私たちは、そんな人たちをひとりでも減らすべく、交通事故の被害者の専門弁護士として、日々、たくさんの人の相談をお受けしています。

交通事故の相談は弁護士事務所であればどこでもいいわけではありません。
弁護士のおこなう法律相談は幅広く、相続問題、借金問題、離婚問題、刑事事件など、さまざまな分野があり、得意とする分野も弁護士によって異なるからです。

交通事故のトラブルは交通事故に強い弁護士に依頼することが大切です。
交通事故に強い弁護士の選び方は、その事務所が交通事故の実績が豊富にあるかどうかです。

当サイトは交通事故の被害者の方を専門にする経験豊富な事務所を多数掲載していて、多くの交通事故のご相談実績がございます。

弁護士というと敷居の高いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、このサイトでは親しみやすく丁寧な説明をすることで、できる限り依頼者様のご満足いく解決のために努めています。

依頼者様にとって最善の解決になるよう全力投球で問題に臨むとともに、依頼者様に少しでも安心していただけるよう、密に寄り添うことを心がけています。

交通事故のご相談は○○事務所

  • ○○事務所に電話相談
  • ○○事務所にメール相談

受付時間:平日10:00〜20:00 ※メールでのご相談は24時間受付けております。

交通事故のご相談は○○事務所

  • ○○事務所に電話相談
  • ○○事務所にメール相談

受付時間:平日10:00〜20:00
※メールでのご相談は24時間受付けております。

交通事故の被害者は慰謝料で大きな損をしている

交渉相手となる加害者側の保険会社は、被害者の味方ではありません。
保険会社としては賠償金の額を少しでも減らしたいため、保険会社の言う通りに交渉を進めると、本来支払われるべき賠償額よりも少ない金額になってしまうケースがほとんどです。

実は交通事故の慰謝料には3つの相場基準があります。

  1. 自賠責基準⇒自賠責保険で決められている最低限の補償額
  2. 任意保険基準⇒保険会社が決める額
  3. 裁判基準(弁護士基準)⇒判例に基づいて弁護士が交渉する額

これら3つの相場によって、あなたが受け取れる慰謝料の金額は変わってきます。
一般的に以下の順序で金額は大きくなります。

交通事故の3つの相場基準の比較図

上記のうち、任意保険基準は保険会社独自の基準です。
冒頭にお伝えしたとおり、保険会社は慰謝料の金額を高く見積もってくれません。
よって、保険会社が「当社の基準ギリギリまで出させていただきました」と言ってきても、裁判基準よりも低いことのほうが多いんです。

保険会社のいいなりになってしまって損をしないためには、裁判基準の慰謝料の相場や、もらえる慰謝料の種類を知っておくことが大事です。

慰謝料の相場を知っておくことで、加害者側の保険会社から提示される額が妥当かどうかの判断ができるようになります。

あなたが事故の慰謝料で損をしないために、当サイトができること

交通事故の示談にお困りではないですか?
当サイトをご利用いただければ、実績豊富な事務所をご紹介いたしますので、交渉ごとにわずらわされることなく、ケガの治療に専念することができます。

それだけでなく、当サイトでご紹介した事務所にご依頼いただいて、交通事故の損害賠償額(示談金)が2倍以上に増額したというケースも少なくありません。
実は、交通事故の慰謝料を含む損害賠償金には被害者が知らないと損をするカラクリがあるんです。

保険会社からいわれるがままに話を進めてしまって不利な条件で示談を成立させないために、事故の被害者の方ができる限り正当な補償を受けられるよう、事務所をご紹介することでサポートさせていただきます。

解決までの見通しや交通事故の弁護士費用について可能なかぎり詳しく、わかりやすく説明させていただきます。
ご加入の保険に弁護士費用特約がついている方は、実質負担なしで弁護士に依頼することが可能です。

弁護士に依頼すると費用が高いイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、自動車保険や傷害保険の特約で弁護士費用特約が付いていることがあります。

また、弁護士費用特約はご自身が加入していなくても、配偶者や同居の親族、本人が未婚の場合は別居の両親、被害にあった車両の所有者が加入していれば利用することができる場合があります。

お心当たりのある方をあたって保険内容に弁護士特約が入っているかご確認ください。
弁護士費用特約を利用すれば弁護士費用が実質0円になるケースが大半ですので、保険契約の契約内容をご確認ください。

弁護士の成功報酬は依頼者の方の経済的利益からお支払いいただくことになりますが、たとえば加害者側の保険会社から和解案を提示された後にご依頼いただく場合には、増額分のみを経済的利益にするなど、依頼者様が損をすることがないよう配慮する事務所もあります。

当サイトでは、交通事故に関する知識を世の中にわかりやすく伝えることを大切にしています

当サイトでは、交通事故の被害者のかたが知っておくべきノウハウについて、どこよりもわかりやすく解説しています。よろしければご一読ください。

事務所へのご依頼の流れ

  • 1.メールフォームもしくはお電話でお問い合わせください

    ご相談は無料ですので、どんな些細な悩みでもお気軽にご相談ください。

  • 2.面談の日を決めさせていただきます

    お近くの事務所へお越しください。

  • 3.面談にてご相談

    あなたのお話を聞かせていただき、もっともよい条件で解決するための「示談交渉」や「慰謝料請求」の流れをご提案します。

  • 4.示談交渉

    弁護士があなたの代理人として、加害者側とやりとりをおこないます。

  • 5.ご満足いく条件での示談成立

    示談書に書かれている示談内容を確認し、OKであればサインをして示談成立です。

交通事故問題で当サイトによく寄せられるご質問

Q.保険会社が提示する「過失割合」はどのようにして決まっているのですか?

交通事故に強い当サイト

過失割合を決めるのは警察だと思っている方が多いようですが、過失割合を決定するのは警察ではありません
一般的に過失割合を決めるときは「判例タイムズ」という本が利用されています。
しかし、加害者側の保険会社はお金を多く払いたくないので、加害者側の過失割合を低く見積もって提示してくるケースが多いんです。
もし、交通事故の過失割合について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Q.保険会社から示談提案書とかいう書類が送られてきて、内容がよくわからないんですが、面倒なのではやく示談を終わらせたいです。
サインしてしまって問題ないでしょうか。

交通事故に強い当サイト

面倒だからはやく終わらせたいというお気持ちはわかりますが、保険会社は被害者の味方ではありません。
被害者に不利な条件で一度示談が成立してしまうと、くつがえすことはむずかしくなります。
示談交渉に焦りは禁物です。
もし、交通事故の示談の流れや、有利にすすめる方法を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Q.交通事故の被害者ですが、保険会社からいわれた慰謝料の額が妥当なのかどうかわかりません。
交通事故の慰謝料には相場ってあるんですか?

交通事故に強い当サイト

はい。交通事故の慰謝料には相場があります。
ただし、加害者側の保険会社が出してくる見積りはあくまでも保険会社の基準に基づいたもので、弁護士が交渉する相場基準からすると、かなり低い金額であるケースが多いです。
慰謝料の金額は、弁護士が交渉することで増額できる可能性があります。
「交通事故の慰謝料相場」や「なぜ弁護士が交渉すると慰謝料が増えるのか」についてはこちらの記事を参考にしてください。

交通事故の慰謝料・示談金交渉が強い弁護士ランキング

事務所

事務所

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

公式サイトへ

フリーダイヤル 0120-000-00

事務所

事務所

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

公式サイトへ

フリーダイヤル 0120-000-00

事務所

事務所

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

公式サイトへ

フリーダイヤル 0120-000-00

事務所

事務所

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

公式サイトへ

フリーダイヤル 0120-000-00

事務所

事務所

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

公式サイトへ

フリーダイヤル 0120-000-00